2010年05月13日

<ミヤコドリ>博多湾で旅支度 愛鳥週間スタート(毎日新聞)

 10日から始まる愛鳥週間を前に、福岡市の博多湾東部で越冬したミヤコドリが、旅立ちの季節を迎えた。

 朱色のくちばしと黒い頭、白い胸のコントラストの美しさで知られる体長約45センチの渡り鳥。博多湾で越冬するのは数羽で、9月下旬〜10月、東アジア北部から朝鮮半島などを経由して飛来する。昨秋は人工島の着工以降、最多の9羽が来た。

 9日夕には大きなくちばしでアサリやカキといった貝類を一心不乱についばむ姿が見られた。「長い渡りに備えて体力を付けているのだろう」とふくおか湿地保全研究会の服部卓朗代表。

 ロシア・カムチャツカ方面の繁殖地に旅立つ日はもうすぐだ。【野田武、写真も】

【関連ニュース】
<関連記事>1950(昭和25)年5月10日 「愛鳥週間」スタート
<写真特集>毎日動物園・鳥類別館
<写真特集>にぎわいの季節:海にあふれる生命 子孫を残す
<写真特集>海や川の生物たちの写真はこちらで
<写真特集>赤道直下のガラパゴス諸島で、ダーウィンの足跡をたどる

介護者死亡の高次脳機能障害者ら、代わり「いる」は2割弱 NPO調査(産経新聞)
子ども手当、満額支給見送りを…民主党研究会(読売新聞)
B型肝炎訴訟、和解協議へ=勧告受け最終調整−政府(時事通信)
口蹄疫対策 宮崎県知事「政府は後手後手」 支援拡充を要望(産経新聞)
北京に外務省高官派遣 金総書記の訪中受け(産経新聞)
posted by サワムラ スエオ at 01:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。