2010年04月07日

<生命の起源>アミノ酸は宇宙空間から 国立天文台など発表(毎日新聞)

 生命の起源となるアミノ酸が宇宙空間から来たとする有力な観測成果を得られたとして、国立天文台などの日英豪米の国際研究チームが宇宙生物学の専門誌(電子版)に発表した。

 アミノ酸は、化学組成は同じだが、鏡で映したように対称な右型と左型の二つのタイプがある。生命のアミノ酸はほとんどが左型で、地球上で発生したという説もあるが、その理由は不明だった。一方、地球上の隕石(いんせき)には左型アミノ酸が多く含まれていることから、偏りの原因が宇宙にあるという見方が浮上していた。

 アミノ酸は特殊な光があたると、片方のタイプの割合が増える。国立天文台ハワイ観測所の福江翼研究員らは、広範囲でその光を観測できる装置を開発。地球から1500光年離れたオリオン大星雲の中心部を観測したところ、太陽の25倍ほどの重い星が生まれた領域を取り巻くように、特殊な光が広がっていることが分かった。一方、質量が軽く若い星の周りには、その光は見つからなかった。

 これらの結果から、生まれたての太陽系の近くに重い星が存在し、特殊な光にさらされたことが原因で、地球上の生物を形づくるアミノ酸が基本的に左型になった可能性があるとしている。チームは「大質量星周辺の特殊な光によって増えたチリ中の左型アミノ酸が、隕石に乗って地球上に運ばれ、やがて生命の起源になったのではないか」と推測している。【須田桃子】

【関連ニュース】
雑記帳:「国内初のクレーター」公式認定めざし論文
電波望遠鏡ALMA:日本のアンテナの愛称「いざよい」に
金星探査機:「あかつき」打ち上げのH2Aロケットを公開
小惑星探査機はやぶさ:地球帰還が確実に 軌道に到達
太陽:黒点の「たね」発見 両極に強い磁場

<大丸東京店>12階の店から煙 客ら300人が一時避難(毎日新聞)
唐澤・森両陣営の役員候補重複を批判―埼玉県医・金井次期会長(医療介護CBニュース)
ビッグバン 「1兆分の1秒後の数百兆度」再現(毎日新聞)
<与謝野氏>新党結成、月内にも 平沼氏との連携視野(毎日新聞)
「及第点いただきたい」就任1年前に森田知事(読売新聞)
posted by サワムラ スエオ at 22:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。